支持される太陽光発電のメリット

なぜ太陽光発電が人気なのでしょう

RSS 2.0

優良企業の提案書は信頼できる

太陽光発電システムを導入するにあたり不安があるかもしれませんが、実際に導入し「満足している」家庭は90%以上にも上っています。
市場調査会社が既存ユーザーを対象に行ったインターネット調査によるものです。
約半数の家庭が、不安を抱えながらシステム導入に踏み切っています。
その理由は「メリットの方が大きい」というものです。
そして、導入後は「満足している」家庭が90%以上になったのです。
満足するのには訳があります。
どのような経緯で販売業者と繋がりをもったとしても、優良企業は顧客満足度を重視しているからです。
システムを導入して、顧客が満足の得られなかったと判断すると、企業の信頼の失墜となります。
そのため提案書には、可能な限り分かる範囲で発電に必要なデータを集め、シミュレーションをしているのです。
その上で、メリットデメリットを明確にし、理解しやすいように伝えています。
それは、システム導入時だけではありません。
導入後の発電状況や保証内容、売電収入といったものも含まれます。
客側に非があろうが、企業イメージを失墜するものであれば、企業側にとって痛手になるからです。
特に現在ではインターネットが普及し、個人でも企業イメージを傷つけることは簡単になりました。
どのような発言が見られるか見守る企業すら存在しているのが現実です。
主役はあくまでも客です。
客の満足度こそ販売業者の目標でもあるのです。
だから、無理な営業は決してしません。
主役から「断る」と言われれば、即座に営業担当者は引き下がります。
その時点で不満が出ているからです。
このような優良企業から出る提案書に不安などあるのでしょうか。
繰り返しますが、「満足している」家庭は90%以上です。
その満足している理由は「支払う電気代の低下」や「発電量が想定通りであった」と、販売業者が示したシミュレーションの正当性を裏付けるものなのです。
提案内容を隅々まで読んで、理解できるようなら安心してまかして良いのです。