支持される太陽光発電のメリット

なぜ太陽光発電が人気なのでしょう

RSS 2.0

太陽光発電の初期コスト回収期間に注目する

太陽光発電を導入するにあたって最も重要なことは、初期投資コストをいつまでに回収するかという事です。
nullたとえば、太陽法発電を導入すると毎月の光熱費が削減できると同時に、余った電力は電力会社に買い取りしてもらうことが可能です。
その効果で初期投資コストを回収していきますが、一般的な回収期間は15年~20年と言われています。
ただし、太陽光発電の耐久年数が約20年という事もあって、20年よりも前にはコスト回収をしたいところです。
もちろん20年経ってすぐに太陽光発電システムがダメになると言うわけではないですが、目安としてはこのくらいになります。
例えば、240万円で導入した太陽光発電で補助金が50万円出たと仮定します。
さらに、年間売電金額が10万円だと、計算式は「240(万円)」−「50(万円)」÷10(万円)=19(年)となります。
初期コストが回収できるのは、19年で目安範囲内です。
太陽光発電を導入する際は、初期投資コストがどの程度で回収できるか考えた上で導入してみてください。